全般 投稿記事一覧

【入園用】保育園・幼稚園への引き継ぎシート【書き方とテンプレート】

2022年5月7日

 

幼稚園・保育園に入園の際。子どもの様子が心配な場合があります。

 

そんな時には、『事前に』園に子どもの様子を伝え。

配慮してほしいことを伝えることをすすめています。

 

口頭でも良いのですが、できれば紙面でも渡せると。

担当の先生が必要な時に見返したり、他の先生と情報共有がしやすかったりします。

 

幼稚園・保育園ではいろいろな先生が関わることが多いので。

必要な情報を知っておいてもらうことは大切です。

 

ひだ作成の引継ぎシートを紹介し、書き方も解説します。

必要な方はこのシートはダウンロードできますので、どうぞ。

 

 

1.【保護者用】幼稚園・保育園への引き継ぎシート【A4一枚】

 

 

>>ひだ作成の引継ぎシート(A4版)ダウンロードはこちら

(※ご自由に印刷したり、付け加えたりして、個人で使用していただいて構いませんが、著作権は放棄していません)

 

 

2.書く内容・書き方

 

 

書きすぎない

つい、「あれもこれも」と伝えたい内容は多くなりがちです。

 

知って欲しいことの優先順位を決め、少なく選ぶことがポイントです。

 

この引き継ぎシートは、今後の過程と園との連携のはじまりの「きっかけ」です。

 

今後これだけで終わらせず。必要に応じて、他の詳しい資料を見せたり、口頭で伝えたりすることが大切です。

 

「得意・好きなこと」を具体的に書く

苦手なことを多く書きがちですが。

 

「得意・好きなこと」を手がかりにかかわってもらえると、子どもは自信をもてます。

 

「車が好き」より、「消防車が好きで、名前をたくさん知っています」の方が。

先生は、かかわりやすくなります。

 

家庭での有効なかかわり方を書く

「苦手・嫌いなこと」は家庭ではどのように対応しているか。

 

家庭での有効な方法を書くと園で参考にでき、真似してもらいやすいです。

 

【苦手・嫌い】初めて経験することは、苦手です

【有効な支援】無理にやらせず、何回か見せ、やり方がわかると参加できます

 

 

3.引き継ぎの時期

 

 

必要な場合には。「入園前には口頭で」お子さんの様子を説明し。

 

「入園が決まったら」、このような紙面で伝えると園に理解していただきやすいと思います。

 

入園直前ではなく、1~2か月前までにお話されると、クラス編成などに配慮していただけるかも知れません。

(配慮できるかどうかは、園のご事情によります)

 

 

4.地域のサポートファイル(成長の記録)

 

 

乳幼児期から社会生活に至るまで一貫した支援を受けるため。

多くの自治体では成長を記録し、まとめて保管できるようなファイルを提供しています。

(6歳以降の母子手帳みたいなもので、保護者が保管します)

 

例えば、東京都北区の場合>>こちら

(お住いの地域により、ファイルの名称や形式は異なります)

 

園にはこの記事で紹介したÅ4版サイズのシートをわたし。

必要なときに、このようなファイルを見せることは僕も勧めています。

 

 

5.まとめ:就園への引継ぎシート

 

 

園にぜひ知ってほしいことは。紙面にまとめて渡すことで、園も子どもを理解しやすくなります。

 

園と家庭とが連絡をとり合いながら園生活を進めることは理想であり。

このシートはその「きっかけ」になります。

 

必要な方はぜひ活用してください。

 

幼稚園(認定こども園)の選び方

 

幼稚園見学のポイント

 

「保育園・幼稚園から小学校へ」の引き継ぎシート

 

 

 

 

スポンサーリンク



-全般, 投稿記事一覧

© 2022 ひだ ゆうweb