全般 投稿記事一覧

子どもの頭をなでる効果【現役の発達相談員が解説】

2023年7月8日

 

子どもを褒めたり可愛がったりするときに。

頭をなでてあげることがあります。

 

この「頭をなでる」ことには。

どのような効果があるのでしょうか。

そして、注意することはあるのでしょうか。

 

元)保育者で、現)発達相談員の僕が解説します。

 

【僕の簡単なプロフィール】

保育者として20年。その後、地域の発達相談員と幼稚園・保育園巡回の経験が15年ほどあります。

大学院では保育や教育の心理学(学校心理学)を専攻していました。

所持資格:公認心理師(国家資格)、幼稚園教諭、小学校教諭など

詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

 

1.子どもの頭をなでる効果

 

 

頭をなでる効果は以下です。

・リラックス効果

・ストレス軽減

・接続と絆の促進

・睡眠の促進

それぞれ解説します。

 

リラックス効果

頭皮のマッサージや、なでることは。

子供のリラックス効果をもたらします。

 

軽い触れ方や優しいなで方は。

子供の緊張をほぐし、心身の緊張を和らげることができます。

 

ストレス軽減

頭をなでることは。

子供のストレスを軽減する助けとなることがあります。

 

触れられることで。

子供は安心感を感じ、日常のストレスや不安を緩和することができます。

 

接続と絆の促進

頭をなでることは。

子供との感情的な絆を深める手段としても機能します。

 

身体的な接触は愛情やケアを示す方法の一つであり。

子供との絆を強化することができます。

 

睡眠の促進

頭をなでることは。

子供の睡眠を促進する助けになることがあります。

 

軽いマッサージやなでることで。

子供のリラックス効果を高め。

より良い睡眠状態に導くことができます。

 

 

2.子どもの頭をなでる注意点

 

 

個人の好みを尊重する

頭をなでることが心地良いと感じる子供もいれば、嫌がる子供もいます。

子供の反応を観察し、その子に合ったケアを提供しましょう。

 

もし子供が頭をなでることを嫌がる場合は、無理に行わず、子供の意思を尊重してください。

子供にとってストレスや不快感を与えることは避けるべきです。

 

頭をなでてはいけない文化の国があります

頭は最も尊い部位とされており、頭を触ることは不適切とされることがあります。

頭をなでることは、侮辱や不快感を与える可能性があるので注意が必要です。

 

 

3.頭をなでる以外の効果的なほめ方

 

 

具体的な言葉を使う

褒めるときに具体的な言葉を使うことで。

子どもは自分が何を良くしたのかを理解しやすくなります。

 

たとえば、「お絵かきの色がステキね!虹の色がとてもきれいだよ」と。

具体的な点を褒めると効果的です。

 

努力を認める

成果だけでなく、努力も褒めることが重要です。

子供が頑張っていることに対して、その努力を認める言葉をかけてあげます。

 

「運動会、頑張ってたね!最後まで走れてえらかったよ」

といった具体的な言葉で努力を評価します。

 

成長を強調する

子供が進歩していることを褒めると、自信ややる気を高めることができます。

過去と比較して成長を強調する方法が効果的です。

 

「年少さんのときと比べて、大きな声で歌えるようになったね」

といった具体的な例を挙げると良いです。

 

内面的な特徴を褒める

子供の内面的な特徴や素晴らしい性格を褒めることも大切です。

 

優しさ、思いやり、勇気など、個々の良い特徴に注目し。

子供が持っている素晴らしい要素を認めてあげます。

 

「あなたは優しい子だね。友達が泣いていたら、大丈夫?と聞いてあげて素晴らしいよ」

といった具体的な言葉で褒めてあげることが重要です。

 

目の前の行動に注目する

子供の目の前で行っている具体的な行動や努力に対して直接的に褒めると効果的です。

 

「ご飯を食べるのが早くなったね!自分でフォークやスプーンを使って上手に食べられているよ」といった具体的な言葉で褒めることで。

子供は自分の行動が認められていることを感じることができます。

 

成果について他者と比較しない

子供を褒める際には、他の子供や兄弟姉妹と比較することは避けます。

 

個々の成長や努力を評価することに焦点を当てることが大切です。

他者との比較を避け、子供自身の成長にフォーカスします。

 

目配りと感謝の言葉

子供が日常生活で行っていることに目を配り。

それに対して感謝の言葉をかけることも効果的です。

 

「お部屋を片付けてくれたんだね。ありがとう!きれいになって、気持ちいいよ」

といった具体的な言葉で、子供の行動に対する感謝と価値を伝えます。

 

重要なのは、褒め言葉を通じて子供に自信を与え、成長や努力を認めることです。

子供が自分自身を肯定し、自己評価を高めることができるような褒め方が大切です。

 

 

4.まとめ:子どもの頭をなでる効果

 

 

子どもの頭をなでることは。

子どもを褒めたり可愛がったりするときによく行うことですが。

 

効果ばかりではなく、注意することもあるので、適切に行っていくことが大切です。

 

頭をなでる以外にも効果的なほめ方や自信のつけ方があるので。

その場の状況や子どもに合った方法を選んでいきましょう。

 

▶以下二つは、このブログの人気記事です。是非お読みください!!

>>子どもの偏食でお困りの方

 

>>トイレトレーニングの進め方

 

 

スポンサーリンク



-全般, 投稿記事一覧

© 2024 ひだ ゆうweb