しつけ 投稿記事一覧

【トイレトレーニング】トイレでうんちができない理由

 

日中のおしっこが自立し、トイレでできるようになっても。

「うんちは、おむつに履き替えてその中に」という子は少なくありません。

 

なぜ、うんちは「おむつに履き替えて」なのか?

おしっこと同じようにできないのは、どうして?

その疑問にお答えし、対応方法を提案します。

 

 

1.トイレでうんちができない理由

 

 

理由は以下です。

・おむつを外しての排便がおしっこより不安

・便座に座って、「いきむ感覚(いきみ方)」がわからない

・水の流れる音がイヤ

・「うんちを出す」「うんちが流れる」が不安

 

それぞれ解説します。

 

おむつを外しての排便がおしっこより不安

排泄自立の順番は、

①おしっこ②うんち③夜のおねしょ

の順番に進む子が多いです。

 

トイレでうんちを出す感覚は、おしっこより難しく不安を感じる子は多いです。

 

便座に座って「いきむ感覚(いきみ方)」がわからない

おしっこが自立し、日中は布パンツでトイレで排泄できるようになっても。

うんちはおむつに履き替えてする子は多いです。

 

その場合、立った姿勢が多く。それは、おなかに力を入れやすいためです。

 

なので、「便座に座ってうんちをする感覚」がわからず不安になります。

 

便座の座り方

 

このような前傾姿勢です。

この座り方で腸の位置が 排便しやすくなり。

おなかに力をいれやすくなります。

 

床に好きなポスターを貼ると自然に前傾になります。

 

水の流れる音がイヤ

水の流れる大きな音が苦手な子がいます。

 

可能であれば音の配慮があると不安は減ります。

・小(おしっこ用)のレバーで流す

・うんちをした後にトイレから離れさせ、大人が流す

・耳をふさいであげる

など

 

可能なら小の音から徐々に慣れさせてあげてください。

 

「うんちを出す」「うんちが流れる」が不安

「身体からうんちを出すのが怖い」

「うんちがトイレの奥に流れていくのが怖い」

という子がいます。

 

おむつにしたうんちを便器に出し、流れるところを見せてあげたり。

「うんち工場に行って、きれいな水になるんだよ」などの安心できる言葉かけをし。

 

慣れるまで時間をかけてあげることが大切です。

 

 

2.まず「座っておしっこする」姿勢に慣れる

 

 

おしっこは自立し、おむつを外してトイレでできるなら。

可能なら前傾姿勢で、しっかり座って排泄することを経験しておくといいです。

 

タイミングが合えば、おしっこの際にうんちも一緒に出る子は多いです。

 

 

3.うんちの出るタイミングを知る

 

 

「起床後すぐ」「食事のあと」など、子どもの排便のタイミングを知っておくと。

トイレに移行する際に、さそいやすくなります。

 

毎日の排便タイミングは子どもによっても違います。

 

 

4.トイレトレーニングで便秘にさせない

 

 

トレーニングをムリに進めると。排泄をガマンするくせがつく子がいます。

特に、うんちをガマンして便秘気味になる子がいるので注意が必要です。

 

 

がまんしたり便秘ぎみになったりすると。

身体によくないだけではなく、トイレに誘うタイミングがわかりづらくなります。

 

ムリに進めずトイトレはいったんお休みし。

「おむつで快便状態」をキープしておいた方が、その後のトレーニングがスムーズに進みます。

 

 

5.まとめ:うんちができない理由

 

 

うんちの自立はおしっこより難しいので、焦らず時間をかけることは大切です。

 

そのうえで、子どもにムリはさせずに。できることはやっていくです。

 

 

排泄全般についてはこちらをご覧ください

 

 

 

スポンサーリンク



-しつけ, 投稿記事一覧

© 2022 ひだ ゆうweb