しつけ 投稿記事一覧

子ども(幼児)のほめ方【簡単3つのコツ】

 

子どもをほめることは簡単ではありません。

しかる方が、ずっとずっと簡単です。

 

これは、親であればどなたも同じです。

あなただけではありません。

 

ですので。「いつも叱ってばかり」と落ち込む必要はありません。

 

夜、子どもが寝たあと。

「今日は叱ることが少し多くなってしましったな」

「明日はほめてあげよう」と思ったとき。

 

コツさえわかれば、簡単にほめることはでき。

誰でも必ず、すぐにできます。

 

 

本記事では、毎日幼稚園・保育園を訪問している僕が。

ペアレントトレーニングを参考にして。

幼児期の子どもの、今すぐできる簡単なほめ方を紹介します。

 

ペアレントトレーニングについて

 

 

1.子ども(幼児)のほめ方【簡単3つのコツ】

 

 

3つのコツは以下です。

・すでに、できていることをほめる

・ほめのハードルをさげる

・少しできたらほめる

 

それぞれ解説します。

 

すでに、できていることをほめる

外出から自宅に戻り。

「帽子や上着を所定の場所にかける」「手を洗う」「手をタオルでふく」など。

「今すでにできていること」がありますよね。

 

その「今すでにできていること」をほめてください。

すでにできていることですから、すぐにほめられますよね。

 

できていることでも。

ほめられると子ども(幼児)はよろこびます。

 

「今までできなかった、新しくできたことしかほめてはダメ」

そんな決まりはありません。

 

ほめのハードルをさげる

「簡単なこと」ができたらほめます。

 

簡単なこととは、例えば。

「これ、ゴミ箱にすててね」

「ティッシュをとってね」

「スプーンを机においてね」

などです。

 

簡単なことでもほめてもいいし。

子どもはうれしいものです。

 

「少しむずかしいことをできたときしかほめてはダメ」

そんな決まりはありません。

 

少しできたらほめる

ペアレントトレーニングでは「25%ルール」と言われています。

 

例えばブロックを片付けるとき。

「全部でなくても、25%(四分の一)片づけた時点でほめる」ということです。

 

25%にこだわらず。

1%でも、少し片づけられたらどんどんほめてください。

ほめることで、子どもは続けてどんどん片づけようとします。

 

「全部できないと、ほめてはダメ」

そんな決まりはありません。

 

 

2.子どもをほめる【3つの誤解】

 

 

子どもをほめるときに3つの誤解があります。

 

・「今までできなかった新しいことをできたとき」にしかほめてはいけない

・「むずかしいことをできたとき」にしかほめてはいけない

・「全部できたとき」にしかほめてはいけない

 

これらの誤解は、誰かに言われたわけではなく。

いつのまにか自分で決め、思い込んでいることです。

 

でも、そんな決まりはどこにもありません。

 

 

3.ほめすぎはよくないのか?

 

 

「子どもをほめすぎると調子にのる」「ほめられるためだけにやろうとする」。

だから、「ほめすぎるのは良くない」などという意見をたまに聞きます。

 

本当でしょうか?

僕はそう思いません。

 

できれば「叱りすぎない方が良い」ことは、しばしば聞きますが。

 

「ほめすぎない方が良い」という論文や研究結果は見たことがありませんし。

「ほめすぎて子どもがダメになった」という実際の事例も、見たこと・聞いたことは一度もありません。

 

そもそも、ほめることはむずかしく。

子どもがダメになるほど、ほめ続けられないのではないでしょうか。

 

特に幼児期の子どもは、「親や先生にほめられたい」と強く思っていて。

気持ちに余裕があり、ほめられるときには。どんどんほめてあげることは大切なことです。

 

 

4.まとめ:子ども(幼児)のほめ方

 

 

幼児期の子どもをほめるコツは以下3つです。

 

・今できていることをほめる

・ほめのハードルをさげる

・少しできたらほめる

 

このコツは幼児期~小学校低学年に有効な方法です。

 

小学校中学年以上になると。

これらのことをほめても、子どもの心にひびかなくなってきます。

ですから、やるなら幼児期の今です。

 

ほめることはむずかしく。気持ちに余裕がないとできません。

このやり方なら「誰でも、いつでも、どこでも」できます。

 

今から。できるときには、すかさずほめてみませんか。

 

 

スポンサーリンク



-しつけ, 投稿記事一覧

© 2022 ひだ ゆうweb