しつけ 投稿記事一覧

【子ども】話を聞かないときの対応方法

 

幼児期は。

自分の興味のあること以外、なかなか話を聞いてくれないものです。

 

でも、どうしても話を聞いて欲しいときはありますよね。

 

子どもに大切な話があり、それをどうしても聞いてほしいとき。

どのようにするとしっかり聞いてくれるのか?

 

毎日、幼稚園・保育園を巡回している現役の発達相談員の僕が。

「子どもが話を聞く方法」をお答えします。

 

 

1.【子ども】話を聞かないときの対応方法

 

 

対応方法は以下です。

 

①おだやかに

②近くにより

③視線を合わせ

④手に持っているものは下に置かせ

⑤ゆっくり・短く話す

 

それぞれ解説します。

 

①おだやかに

どうしても話を聞いてほしいときには。

まず親も落ち着いてください。

 

②近くにより

子どもが話を聞けないときは。

距離が離れていることが多いです。

 

子どもの近くに行くだけで聞ける場合があります。

 

③視線を合わせ

できれば、優しいまなざしで。

 

④手に持っているものは下に置かせ

手におもちゃなどを持っていると話に集中できません。

 

手から離し、下に置かせることは重要です。

 

⑤ゆっくり・短く話す

話が長くならないよう。

「短く」「ゆっくり聞き取りやすいように」話します。

 

話は、短ければ短いほどいいです。

 

 

2.話をきかない心理と理由

 

 

①おだやかに

②近くにより

③視線を合わせ

④手に持っているものは下に置かせ

⑤ゆっくり・短く話す

 

それぞれ解説します。

 

①おだやかに

きびしい口調で話をすると。

子どもは「怒られた」という思いだけが残り。

話の内容が頭に残りません。

 

できれば、おだやかに対応することは大切です。

 

②近くにより

子どもが話を聞けないときには。

「距離が遠い」ということが一番多いのではないかと思っています。

 

例えば、親が家事などの作業をしながら。

少し離れた所で遊んでいる子どもに話しかけるときです。

 

忙しいと、ついつい遠くから大きな声で話をしてしまいがちですが。

距離が遠いと、子どもは「自分のこと」として聞いてくれません。

 

③視線を合わせ

近くに寄り、子どもの背の高さで視線を合わせることで。

子どもは、より「自分のこと」として聞けます。

 

④手に持っているものは下に置かせ

子どもは、手におもちゃを持っていると。

一見聞いているように見えても、おもちゃに気持ちが向いて聞いていません。

 

おもちゃは下に置かせるか、できれば目につかない所に置かせてください。

 

「手には何も持たせない」は。

幼児に話を聞かせるときには特に重要と思っています。

 

⑤ゆっくり・短く話す

親の感情が高ぶっていると話が「早く・長く」なりがちです。

 

しかし、話が「早く・長く」なると。

話のポイントがあいまいになり、幼児は話の内容を理解しにくくなります。

 

 

3.まとめ:【子ども】話を聞かないときの対応方法

 

 

子どもが話を聞いてくれない一番多い場面は。

親がキッチンで調理をしながら、少し離れた居間で遊んでいる子どもに話しかけるときです。

 

どうしても聞いてほしい内容のときには。

 

まずは、調理の手をとめ。

①おだやかに

②近くにより

③視線を合わせ

④手に持っているものは下に置かせ

⑤ゆっくり・短く話す

です。

 

余裕のあるときには試してみて下さい。

 

 

 

スポンサーリンク



-しつけ, 投稿記事一覧

© 2022 ひだ ゆうweb