しつけ 投稿記事一覧

「片づけない」子どもの対応方法

2021年1月31日


片付けの目的が『片付いていると気持ちがいい』『次遊ぶ時に遊びやすい』なら。

生後4~5年の幼児にはまだその気持は持ちにくく。その気持ちを持てるのは、

もう少し上の年齢ではないかと思っている。

もしそうなら。幼児期は大人が主になり、日々をある程度片付いた環境の中で過ごさせる事が大事では

 

最近、大人の片づけに関する本や情報は盛んです。

毎日の生活の中で、片づけは避けられないこと。

 

それでは、

幼児の片づけは、どう教えたらいいのでしょう?

本記事はそのお悩みにお答えします。

 

 

1.子どもに片づけをさせる方法

 

 

幼児期の場合、下記2点の経験が有効であると考えます。

・(ある程度)片づいた、整理された環境で過ごす

・大人(親や先生)と一緒に片づける

それぞれ解説します。

 

(ある程度)片づいた、整理された環境で過ごす

 

『片づいた』『整理された』という意識は、生まれながらにあるものではなく。

生後からの生活環境の中で徐々に育まれるものです。

 

掃除の得意な親がいれば、苦手な方もいます。

そして、『片づいた(整理された)』という価値基準は、人(親)によっても違います。

 

その中で子供は育ち、片づけの感性が育ちます。

 

だから、もし、子どもの片づけ(の意識)を育てたいのなら。

 

大人が身近の環境を整える習慣こそが大切であり。

それが、子供の片づけ習慣の「間接的なしつけ」となります。

 

大人(親や先生)と一緒に片づける

 

子供がオモチャを片づけるとき。まだ、自分一人では片づけられないなら。

大人と一緒に片づけることは有効です。

 

その場合、

大人が7割片づけ、最後に子どもが3割片づけ。

できたら、ほめてあげてはいかがでしょうか。

 

そのことで、

・大人の片づけを見ることで、やり方が分かる

・片づけようとする気持ちがもちやすい

・片づけられた達成感がもちやすい

という利点があります。

 

子どもの上手なほめ方は、この記事をお読み下さい。

 

 

2.幼児期の片づけで大切なこと

 

 

片づけの目的を

①片づけると、次に遊びやすい

②整理された場は気持ちがいい

とするなら。

 

その気持ちは、生後4~5年の生活経験の幼児には、まだもちにくく。

もう少し上の年齢になるのではないでしょうか。

 

『怒られるからやる』ではない、『本当の片づけ習慣』を身に付けることは。

各家庭の習慣も伴う、少し時間のかかることだと思っています。

 

 

3.まとめ:片づけの教え方

 

 

幼児期の片づけを簡単にまとめると。

①大人による、「ある程度」整理された環境で過ごし

②大人と一緒に片づけながら

③徐々に片づけの意識と技術を身に付ける

ということです。

 

整理整頓や片づけの意識は、自分が産まれ育った家庭の影響を受けるものと考えます。

 

ですので、他者に迷惑がかからないのであれば。

片づけの仕方は、それぞれの家庭のやり方があっていいのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク



-しつけ, 投稿記事一覧

© 2023 ひだ ゆうweb