全般 投稿記事一覧

幼児の『場面かんもく』対応方法【重要な視点は3つ】

2021年8月9日

 

この記事での【場面かんもく】の定義は、

『自宅で話はできるが、幼稚園・保育園など自宅以外の場では自宅と同じようには話せない』

とします。

 

・自宅ではたくさんお話しするけど、幼稚園では話せない

・たくさんの人がいる場が苦手

・人前で話をする(声を出す)のが苦手

・緊張しやすい

園巡回を行っている中では、上記のような子は毎年一定数見られます。

 

今回は、このようなタイプの子の対応の仕方のお話です。

 

 

1.幼児の場面かんもく対応方法【重要な視点は3つ】

 

 

①自信をもたせる

②安心感をもたせる

③社会的な交流の楽しさを知らせる

それぞれ解説しますね。

 

①自信をもたせる

自信とは、「あれができる、これができる」ではありません。

「今の、(話せない)自分でもいい」と心から思えることです。

そのことが結果的に自信となり、話せるようになります。

ですので、周囲の大人は、本人が「今の自分でいい」と心の底から思えるような関わりが重要です。

 

②安心感をもたせる

このタイプの子は、不安感が少し強いかもしれません。ですので、安心できる配慮は大切です。

大勢の場が苦手であれば、無理に大勢の場の中に入れるということではなく。

少人数の場で遊んだり生活したりし、安心できることが大切です。安心感がもてると、自分から少し大きな集団の中にも入ってみようかな、と思えるかも知れません。

 

③社会的な交流の楽しさを知らせる

幼稚園や保育園など自宅以外の場で、「先生や友達と遊んで楽しいな」と思えることです。

その場合、人数が多いのは苦手な場合が多いので、大人を入れて少人数の場からスタートさせることが重要であり。

場合によっては大人(先生)と一対一の関わりからのスタートになります。

 

2.具体的な支援方法

 

 

はじめに

「話さない」のではなく「話せない」ととらえることがなにより重要です。

本人は話したいと思っているのに、何故だかわからないけど声が出ない状況にあるのだと思います。

だからこそ、話すことの強要は良くないのです。

そして、話せないのは不安感がベースにあるのかもしれません。ですので、安心感がもてる対応や場所の調整が大切です。

 

①自信をもたせる支援

「今のあなたでいい」という周囲の態度が重要であり、そのことが結果的に少しずつ話せるようになるベースとなります。

話す、話せないはその人のごく一部分にしかすぎません。

そのことにこだわり過ぎず、本人の好きなこと得意なことに注目し、一緒に楽しく生活することが大切です。

また、気持ちの繊細なタイプの子が多く、他の人が考えていることは細やかに見抜きます。

ですので、親や先生の「困ったな」「どうして話さないのかな」という内心の態度も見抜かれます。

 

②安心感をもたせる支援

声が出づらくなる場面は「人」「場所」「活動」です。

特に慣れていなかったり初めてだったりする場合は不安は大きくなり、慣れている場より話せなくなりがちです。

可能なら、できるだけ時間をかけて徐々に慣れていけるようにすることが重要です。

→ 好きな先生や友達がいる少人数の中で話せるように

場所→ 慣れている場で話せるように

活動→ 今まで何度も経験している活動で話せるように

 

③社会的交流の楽しさを知らせる支援

まずは、先生と仲良しになって。先生と一緒にいると楽しいな、と思えることがスタートです。

そこから、先生を交えて気の合いそうな友達が見つけられるといいですね。

初めは友達一人で充分です。一人の好きな友達ができ、人と関わる楽しさを実感出来れば、もっと友達と遊びたいと思えるかもしれません。

 

3.本質は、自分を出す(表現する)ことが苦手

 

 

場面かんもくは、単に「声を出せない・話せない」というより、

「自分を出す・自分を表現することにストップをかけてしまいがちになる」ということが本質なのかもしれません。

また、「周囲の人に見られているのではないか」という想いも人一倍強いようです。

 

ですので、「出席確認の際に手を挙げられない」「踊れない」「みんなと一緒に給食を食べられない」「トイレに行けない」などという子がいます。生活に支障がある場合は支援は必要です。

 

4.まとめ

 

 

場面かんもくタイプの子は、まじめで優しい子が多いため、園での支援が遅れる場合があります。

また、家庭では会話はできるので、あまり保護者も問題視せずに過ぎてしまうことが少なくありません。

 

園では話せないことで子どもは困っている場合があり、その場合は支援が必要です。

「そのうち話すだろう」ではなく、保護者の方が出来れば早期に園や専門家に積極的に相談していくことが大切です。

 

最近はHSP(Highly Sensitive Person)や「繊細さん」という言葉もよく聞かれるようになりました。

「恥ずかしがり屋さん」も含めて、基本的な対応の仕方は同じだと考えます。

 

 

 

 

スポンサーリンク



-全般, 投稿記事一覧

© 2022 ひだ ゆうweb