投稿記事一覧 生活

幼児の「自信がない」理由

幼児の発達相談で。「自信がない」「この子に自信をもたせるには?」などの質問は少なくありません。

 

幼児が「自信がない」理由は何か?そして、「自信をもって生活する」ためには、どのように育てたらいいのか?

についての疑問にお答えします。

 

幼児の「自己肯定感」については、こちらをご覧ください。

 

 

1.幼児の【自信がない】理由

 

 

このツイートが答えの全て、です。

幼児の"自信"というのは。
『あれができる、これができる』ではなく。
『あれができなくても、これができなくても。
ママやパパは、ボク・ワタシのことが大好きなんだ』
と、子供自身が本当に思っていること。

 

条件付きの愛情ではなく、「無条件に子どもを愛すること」が幼児が自信をもつ基盤となります。

 

 

2.幼児の自信とは「今の自分でいい」

 

 

繰り返しますが。幼児の自信とは。親に無条件で愛され「今のままの自分でいい」と思えることです。

 

「ピアノが弾けるようになった」「文字を書けるようになった」ではなく。

「ピアノが弾けなくても」「文字が書けなくても」そんな、できない自分でも。親は大好きでいてくれるし、今のままでもいいんだ、と思えることです。

 

そして。この自信が、これから成長していくための幼児期の「重要な心の基盤」となります。

 

 

3.「今のあなたでいい」と親が”本気で”思うこと

 

 

子どもが「今の自分でいい」と思えるためには。

親が無条件に「今のあなたでいい」と”本気で”思っている必要があります。

 

心の底から本気で思っている必要があり、表面的な言葉だけでは子どもは見透かします。

 

 

4.教えるべきことは、しっかり教える

 

 

「今のあなたでいい」は。

間違いやできないことをそのままにしておくことではありませんし、向上心は必要ないということでもありません。

 

子どもですので、教えなければ分からないことは沢山あります。

また色々な事に目を向けさせ興味を広げ挑戦の機会を与えることは大切です。

 

そこを含めて。条件なしの、丸ごとの、「あなたでいい」ということです。

 

 

5.まとめ:幼児の【自信】の育て方

 

 

冒頭のツイートが答えの全てなので、もう一度載せます。

幼児の"自信"というのは。
『あれができる、これができる』ではなく。
『あれができなくても、これができなくても。
ママやパパは、ボク・ワタシのことが大好きなんだ』
と、子供自身が本当に思っていること。

 

このような育て方が幼児期には大切であり、将来生きていくための心の基盤になると考えています。

 

 

 

 

スポンサーリンク



-投稿記事一覧, 生活

© 2022 ひだ ゆうweb